お知らせ/イベント

パパと愛和

パパの心構え

1. 理想の病院の選び方

病院選びの失敗の原因は、家の近くや実家の近くの病院を見学もせずに選ぶこと。緊急の怪我や病気の入院とは違い、出産は病院を自分で選ぶことができます。できれば、ご家族と一緒に病院見学にも付き合うのがベストです。医療設備、入院施設、スタッフの雰囲気、食事、サービス、産後のケアなど、総合的にチェックしてみてください。愛和病院では、いつでも見学や相談を受け付けています。またスタッフが、お客さまのご希望のバースプランやご要望もお伺いいたします。ぜひ、奥さまとご一緒にお越しください。

 

 

2. 里帰り出産を考える

1人目のときは、出産に対する不安から里帰り出産を選択したけれど、2人目から地元の病院で出産するという方がいらっしゃいます。とくに不安なのは、ひとりで家にいるときに陣痛が来て、動けなくなってしまうこと。自分で車を運転したり、タクシーを呼んで移動するのは大変です。そこで愛和病院では、入院時の専属タクシーによる送迎付きのプラン(カイマナプラン)をご用意しました。こちらのプランでは専任のスタッフが付き、ご相談にのるほか、待ち時間ゼロ診療を実現しています。里帰り出産を考える前に、ぜひご検討ください。

 

 

3. 一緒に病院へいこう

私たちがおすすめするのは、できるだけ妊娠・出産のプロセスを共有すること。子供が生まれてから育児に参加するのではなく、妊娠中からパパとしての仕事は始まっています。睡眠不足や疲労感、不安定な食欲や好みの変化など奥さまの心や体の変化。ママにかかる苦労はパパの想像をはるかに超えるものです。まずは妊娠期間中、数回でもいいのでぜひ奥さまと一緒に病院へ行ってあげてください。パパのサポートがあるということはママの大きな安心感につながります。また妊娠5ヶ月くらいから、エコーでお腹の中の赤ちゃんの姿を確認することができるようになります。パパも赤ちゃんを観たり、心臓の鼓動を聴いたりすることで新しい生命の存在を実感することができるはずです。
当院でもご夫婦でご来院される方が年々増えています。奥さまとのご来院をお待ちしております。

 

 

4. 赤ちゃんて、どう抱っこすればいいの

手伝おう、という気持ちはある。でも、抱っこの仕方も、お風呂の入れ方もわからない。間違った抱き方をして、赤ちゃんに何かあったらどうする。そんな不安から、赤ちゃんに積極的に関われないパパたちのために、愛和病院では、イクメンを目指す未来のパパたちに向けて、赤ちゃんの抱っこの仕方から入浴方法まで、さまざまなレクチャーを常時、開催しています。

 

 

5. いちばんのプレゼントって何だろう

妊娠にかかるストレスは、男性にはなかなか想像するのが難しいかもしれません。でも、もし自分が何かの病気で数日間入院するとしたら、どんな入院生活を送りたいですか。たぶん、そこに答えがあると思います。愛和病院での調査では、多くの女性が妊娠中や入院期間、できるだけストレスの少ない環境で過ごしたいと回答しています。アロママッサージルーム、アルポルトや銭屋の一流のお食事、ホテル仕様の個室、ラウンジなど、すべては少しでもゲストの皆さんをストレスから解放して、入院生活を楽しんでもらうためのものです。妊娠・出産という特別なステージだからこそ、ストレスのない環境をプレゼントしてあげてください。

 

 

6. イクメン生活のスタート

出産がゴールではありません。ここからが子育てのスタートです。愛ちゃんワールド健診センターでは、保育士、栄養士、看護師、助産師、保健師、社会福祉士、アロマセラピストなどの専門スタッフが、育児サポーターとしてイクメンパパたちを応援します。定期的な乳児健診はもちろん、いつでもパパたちの相談も受付中。イクメンパパたちの情報交換の場としても、健診センターをご利用ください。ちなみに、健診部長の藤田もイクメンパパです。